GUIDE LINE / ご利用ガイドライン

 ModelTownでモデルの仕事を受発注される方は、以下のルールと ご利用規約 を守ってご利用ください。

 もし、あなたがサイトを利用中に、当ガイドラインに違反していると感じる内容を発見した場合には、各ページ内に設置されている違反報告リンクか お問い合わせフォーム から事務局に通報できることを覚えておいてください。

  1. 0

    誠実に利用する

    相手を尊重し、何事も正直に、誠実な心で、ModelTownをご利用ください。

    ModelTownでは、皆さまに少しでも安心してサービスをご利用いただくため、本人確認サービスを提供しております。 信頼の一つの指標になりますので、クライアント(依頼主)の方もモデルの方も、本人確認サービスを是非ご利用ください。

  1. 1

    条件・約束を守る

    仕事の内容や条件など、相手と事前に話し合って決めたこと(合意事項)を必ず守りましょう。

    ※ 撮影の内容、日時、場所、拘束時間、報酬、など

  1. 2

    ドタキャンしない

    いったん決定した仕事を、簡単にキャンセルしてはいけません。やむを得ずキャンセルする場合は、相手に連絡し、承諾を得てください。

    仕事のキャンセルによって、様々な損害が生じることがあります。キャンセルにかかる費用の清算(撮影場所のレンタル料金やカメラマンへの報酬、他のキャンセル費用、移動費用など)については、双方で折り合いをつけてください。

  1. 3

    ジョブは詳細まで記載する

    クライアント(依頼主)は、ジョブの内容を丁寧に書きしましょう。

    モデルが安心してエントリー(応募)できるように、下記の事項は必ず記載してください。

    ・撮影内容
    ・募集対象(年齢層、性別など)
    ・撮影日時、場所
    ・報酬の金額、支払い方法
    ・撮影時間(開始~終了時間)
    ・撮影時の衣装、髪型やメイク
    ・撮影状況(スタッフの人数など)
    ・撮影環境(屋外、室内、スタジオなど)
    ・撮影データの用途
    ・その他、注意点など

  1. 4

    エントリーに責任を持つ

    モデルは、ジョブの内容をしっかりと確認してからエントリー(応募)しましょう。

    クライアント(依頼主)は、エントリーを受信後に厳正な審査を重ねてオファーしていますので、下記の事項を守ってエントリーしてください。

    ・ジョブの内容をしっかり確認する
    ・記載されている日程や場所を確認する
    ・希望条件はエントリー時に伝える(可能な範囲で)
    ・応募後の数日はマイページを定期的にチェックする
    ・オファーが来たら必ず返信する

  1. 5

    事前に全部、伝える確認する

    仕事に関する様々な事項において、認識の相違が生まれないよう、丁寧に正確にやりとりしましょう。

    クライアント(依頼主)もモデルも、分からないこと知りたいことがあれば、しっかりと確認しましょう。

    やりとりの中で、自分が理解したことを、自分の言葉でも復唱するようにすると、認識の相違は生まれにくくなります。

    特に、長期継続での依頼となる場合、クライアントが衣装を用意する場合、撮影に伴い身体的な接触がある場合など、必ずお互いの認識を共有してください。

  1. 6

    報酬は、直接支払う(直接受け取る)

    ModelTown(当サイト)では、モデルに対する報酬の支払い手続きは、出来ません。

    クライアント(依頼主)とモデルの間で、報酬の金額や支払い方法などを決め、領収書が必要な場合にはモデルから受け取ってください。

    こちらの 領収書のテンプレート(PDF) を印刷し、活用いただくこともできます。

  1. 7

    必要に応じて契約書を交わす

    モデルおよびクライアント(依頼主)は、必要に応じて契約書を交わしましょう。

    たとえば、肖像写真の使用期限や使用用途などを限定する、何らかの条件がある、制約が発生する場合などには、契約書を交わしたうえで取引してください。 長期契約の場合は契約解除時の条件や、報酬金額変更の有無等も事前に決めておくことをおすすめします。

    こちらの 契約書のテンプレート(PDF) を印刷し、ご活用いただくこともできます。

  1. 8

    当事者同士でやりとりする

    原則として、代理で仕事を依頼したり、受け付けることを禁止しています。必ず、当事者同士でやりとりしてください。

    ※20歳以下のモデルで、保護者が登録している場合は、保護者によるやりとりが必要です。

TOP